[グラブルVS]格ゲー完全初心者がシャルロッテと一緒にBランクを歩く

前回のC編に続いてB編です。

C編はこちらから!
https://medon-ossans.com/archives/23

ガードは難しい

Bではとにかくガードが緩すぎて簡単に崩されボッコボコにされる事が明らかに増える。

これはちょっとガードも練習しないとだめなのではと考え、今までひたすら突進していたのを自重し、受け身で動いてみる事に。

そりゃさすがに意識してればだいぶガードは出来るようになるけど、全部を捌ききれるはずもなく一生劣勢なまま特に何もなく負けるだけの流れになりました。
それでもガードは必要だろうし未来への投資だと思うところはありましたが、相談したりよく考えてみると、ちょこちょこと小賢しいシャルの長所を自分で潰しているだけなことを理解し、かっこよく捌くことは断念。

それをやりたければカタリナとか使えばいいのかな…。

・シャルは攻めてこそだと決意を新たにする

3回叩いてから奥義に繋ぐ事を覚えようとする

ほとんどまともに使えていなかった奥義に手を出します。

奥義の使い方でも基本中の基本、3連からの奥義。
3連が当たっていれば確実に奥義も当たるし、3連が当たっている間の時間の余裕があるので比較的出しやすいらしい。

ここで問題になるのは必死に身につけた3連からリュミエールへの繋ぎ。(C編参照)
3連後に指が勝手に4へ入れる癖との戦いになります。

奥義はゲージが貯まってからじゃないと打てないので序盤は3連→リュミエールが基本になる事もあって、いざ奥義ゲージが貯まった時になかなか奥義に切り替えられない。
そもそも貯まったことに気づかない事も多々。

トレモでは使い分けできるんだけど、試合で必死になってると奥義を忘れてリュミエールしながら「あー今奥義打ったら勝ってたやんけ!」ってなります。

このあたりでは勝敗よりも3連→奥義を一回決める事に目標にして頑張っていきますが、奥義が決まると勝率は確実に上がるのよね。

・奥義を決める事が勝敗に直結する事に気付く

投げを覚えようとする

ここまでほぼ選択肢になかった投げ。
自分から投げの距離まで接近するのは怖くてできなかったし、接近された時に投げの判断とか無理ですよね…って。
あとボタン同時押しってのも難しそうに感じる。

ただ起き攻めの時だけは少し余裕があるのでここで試していくことに。
起き攻めで普通に殴るタイミングでいくとなんか空振ってしまい少し遅らせないと投げが入らない。うまい人はA単発してからまた近づいて投げたりみたいなのが基本のようですが、トレモで理屈はわかっても難しい…。

投げを失敗したシャルはかわいい

とりあえず起き攻めで走ってってそのまま投げというのは1つ選択肢に入れられるようにはなりました。
逆にそれをやられた時の投げ抜けはまだかなーり不安が残っています。

・起き攻めの選択肢に投げが追加される

キャラ対策のようなものを少し意識する

ソリッズに秒殺されると泣いていたら超初心者部のこわいお兄さんたちがひたすらソリッズで殴りかかってきてくれたので泣きながら戦い方を覚える。
ソリッズみたいに他とちょっと違う展開になるキャラは慣れておかないとだめなんだなぁ。

いや本当は全キャラ個別に対策するべきなんでしょうけどそこまではなかなか覚えられない…。
ジータちゃんとかナルメアとかランクマで死ぬほど当たるキャラはなんとなくわかってくるんだけど、あまり当たらないキャラはわからんままやられてるので最低限は勉強しないといけないのは分かってるんですけどね…。

そのうち苦手どころかマッチング時点で白旗状態のメーテラフェリも対策を…いやあいつらは当分無理だわ。

・ソリッズの突進突進&突進も慣れたら対応できたりできなかったりする

反撃方法も考えなくちゃいけないらしい

ソリッズのインパクトナックル連打に為す術もなくボコボコにされながら、ガードした時の相手との距離で反撃できるかできないかがある事を知る。
くっつくくらい近かったら2Aで当たるし、そこまでではなくても近ければAでだいたい当たる、もうちょっと距離有れば遠Bでたまに当たるみたいな?
シャルの射程ではどうにもならない事もある。

ちかい
ちょっととおい

・同じ技を同じようにガードした時でも距離を意識するようになる

でもこれって各キャラというか各アビリティに対して、この距離の受けならこう反撃する(あるいはしない)とか覚えなきゃいけないって事?
そこまで細かくはないのかしら。

シャル定番のコンボを知らなかった事に気づく

3連が入るタイミングでBを押している事が多すぎてそのままBリュミエールを打っていたので、その後の遠B→グリッターが繋がっていない事が発覚する。他の人のシャル見てなんかおかしいなぁとは思っていたのよ…?

今までしてたのは、
BBB→Bリュミエール→遠B→Bグリッター
とかいうBだけ連打してればいいコンボになってない雰囲気コンボ。

これを、
BBB→Cリュミエール→遠B→Cグリッター
にしろということですね。

ここでやっと方向キーの入力(簡易入力なので1つだけ)や、ボタンを変えるのに適切なタイミングがある事を知る。
とは言ってもだいぶゆるく、ボタン連打しすぎ問題などはあってもどうにかそこそこの成功率までは割とすぐ持っていけるようにはなりました。
アビがリキャストできてなくて棒立ちや空振りは頻繁にやらかしてますがそれは別問題ということで…。

これを覚えた事と、その前にも3連→奥義をやっていたことで、3連→リュミエールの固定パターンが、3連→選択制へと進化した結果、3連→ノーブルストラテジー→派生どれか、ができるようになる。

3連の時点で攻撃が当たっていればリュミエールに繋げばいいんですが、ガードされた時に止まったりそのままリュミエールで押してったりノーブルでめくりを狙ったりといくつかやれる事が増えたわけです。

対人はやっぱり同じ事を繰り返してると必ず痛い目を見るというかB帯だとそうでもない事もけっこうありますが確実に入りにくくなってきます。
そこで色んな手をとれるのは強いんだなぁと知る。
ノーブルはそういうとこでも効果てきめんですね。見えてる相手だとひどい事になりますけど…。

・3連の後の動きを状況に応じていくつか選べるようになる

まさかのAランク

うっかりA昇格戦を突破してしまう

このあたりで対戦のめぐり合わせもあったのかA昇格戦を突破してしまい初のAランクに到達する(637勝)

勝率は5割切ったとこで安定してるので少なくとも1300試合以上はランクマやってます。
格ゲー完全初心者おじさんなのでだいぶ遅いとは思いますが、ここまでやれたのは本当にうれしかった。
なおその後すぐにBに戻ります。

・Aに一瞬でも入った事で謎の自信を得る

伸び悩む、考える

まだまだへなちょこなのは間違いないんですが、少し動けるようになってくると負けた時に理由がわかるようになってしまいます。

あれもらいすぎたなーとかあれ対策わかんねーなとか

で、理由がわかるのはいい事だと思うんですが、わかれば対策できるかというとそうではありません。
また同じやられ方をすることがどうしてもでてきます。

すると、あれわかってたのになんでまたやられてんだよこのヘタクソ!と自虐するようになったり、いやいやガード間に合ってるだろこのクソゲーとかわけのわからないキレ方をするようになります。

負け込んだり、ちょっと機嫌が悪かったりする時にそうなるんだと思いますが、冷静に考えれば基本的に操作はガバガバなのでまぁ当たり前の結果なんですよね…。

だからと言って簡単に割り切れるものでもなく、イライラしてしまうのはもう仕方ない事なんで、これもゲームの内だと受け入れていきましょう。

超初心者部で聞いた時には、次は絶対○す!と考えればいいみたいなんでそれでいきます。

・殺意の波動を得る…まではいかないけど片鱗を見る

アナログスティックの方向がふらふらしている

まだまだ出るアナログスティック問題。いや十字キーでも同じ問題はあるのかもしれませんがよく知らないので…。

一番単純なものとしては自分がしゃがみガード状態で相手が飛んだ時に対空間に合わず立ちガードという状況。
キー方向としては1→4なんですがこれが7に入ってしまって後ろジャンプが出てしまう事があります。

対空後ろジャンプ(恥)

頻度としてはそんなに多いわけではないんですが、焦るとけっこうやらかしますし、基本この程度の精度で動いているという事ですね…。

適当に食らったり通ったりで遊んでたうちは別によかったんですが(良くはない)、ここはこう来そうだからこうしてこうだな?と読んでいたのが当たったにも関わらず操作ミスで死ぬのは精神面にけっこうな大ダメージが入ります。

こんな事なら何も知らないほうが幸せだったと嘆きたくなりますが、知ってるほうが幸せに決まってると2秒で気付き、事なきを得ました。

これはもう慣れと丁寧に操作するしかないですね…。

・自滅の切なさが身に沁み、操作精度を上げたいと願う(できてない)

シャルのアビリティの使い方

あってるか間違ってるかは置いておいて(当たれば正解)ここまでのシャルの各アビリティの使用感をまとめてみます。

・グリッターオンスロート
とりあえずぶつけておけ、な感じでアホみたいに多用します。
基本はCで反撃食らわないようにかな。Bはシャルとの同キャラ戦、あとグラン、ベルゼバブには使っていいんだっけ…?(うろ覚え)結局指が勝手にCで打つのでどこでもだいたいCになります。
後半奥義に化けてよく泣いてます。ガードしてる時はアビボタン押さなければテクニカル入力になる?

・ホーリーラダー
対空を狙ってる時や、殴られ続けてどうしようないわって時に割り込みぶっぱに使います。
割り込みはリスクあるけど割と当たるし、テンパってこれしか打開策が思いつかない時がけっこうあるのでガンガンぶっぱします。
これも基本Cで打っていきますが、ソリッズとかファスティバとか打ちたい場面が多い相手はAでいくか悩んだりしてますがCが決まると気持ちいいのでCで!
メーテラのゼファー落としたい(願望)

・ソード・オブ・リュミエール
三連が当たった時のお供に。
あとはガードしててラダー打ちたい時に間違ってよく出ます。対空で誤爆して殴られるの悲しい。
基本はコンボ中のC、ガードされてる時に無限に打つAなんだけどAは言うほど使えてない。

・ノーブル・ストラテジー
これは本当に使い道がたくさんありすぎ。
飛び込むのにも使うし、接近状態からめくるのにも使えるし、起き攻めにも使えます。
ただ調子に乗って出しすぎると対応策は割と簡単な技なので、意表を突くというか流れを変える(止める)ような使い方がとても効果的な感じです。
C派生の投げが決まると本当に気持ちいい!

・ケーニヒシルト
これ難しいのよね…。
狙って出すパターンとしては、ゾーイのスウィープスライド、ベルゼバブの吸い込むやつ、バザラガの黄色くなって歩いてくるやつ、くらいですが、タイミングがなかなか難しい。
あまりに同じパターンの攻撃をしてくる相手くらいでしかうまく使えてないけど、もっと使い方がありそうな気はしてる。

対応苦手なやつ

対応できてないやつはいっぱいあるけど、死ぬほどカモられてなおやられ続けているやつです。これを見た人は私にやってこないでください。

・メーテラのゼファー
ただの遠距離攻撃にいっぱいいっぱいになってるどころか対応できてないのにあんなもん対応できるわけないじゃん…。
対応策はラダーで落とすだけなんだけどなかなか反応できませんね…。

・ゼタのぴょんぴょんするやつ

ガードしてるけどやられる未来しか見えない

3回ガードして殴られるを無限に繰り返しています。あれどうすればいいの…。
ガード続行したり暴れたりしてるけど抜けられる率があまりに低い。画面端で固められるともうだめおしまい。

・ナルメアのめくり

めくられてるのにガード方向を変えられず相手に向かって突き進む図

突進のやつも空中のやつもつらい。
めくり対応はそもそもダメダメなんだけどナルメアのは特にやばいくらいもらってる。やっぱガードボタン練習するべきか…?
突進めくりをする為に自ら画面端に歩いていくナルメアと会ったことがあって、バレバレっすよ…と思いながら見事にめくりからのフルコンボやられた時は泣きました。

せめてこの3つは練習しようね…。

現状

こんな感じで相変わらず基本Bランクでうろうろしています。
Aランクには度々上がれるけど、定着はまだ遠くすぐにBに帰ってくる状態。

完全初心者からここまではどんどん伸びてきた感じだけどこの辺で1つ壁のようなものを感じますねぇ…。

今後もマイペースにコツコツやっていきたいと思います!

あとルームマッチは強さに関わらずだいたいいつでもやりたい感じなので、やってくれる人いたらうれしい。

この記事を書いた人

きるであ

ミムメドンで副管理人をしています。